マンションと一戸建ての良さ

マンションと一戸建ての良さ

そろそろ持ち家を購入しようとお考えの方には、マンションと一戸建てのどちらにしようか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。家は大きな買い物なので後悔しない選択をしたいものですが、どちらにもメリットとデメリットがあって拮抗するということもあります。

 

マンションと一戸建てのそれぞれの特長について今一度おさらいしてみましょう。まず全体の作りで言うとマンションの方が頑丈と言えるでしょう。もちろん、一戸建ては強風が吹いたらすぐに壊れるということではありません。法律で定められた耐震基準などすべて満たさなければなりません。マンションの方が頑丈になる理由は建物の大きさも関係しています。基本的には鉄筋コンクリートです。一戸建ては木造のものが多いですが、鉄筋で作ることももちろん可能ですが額がかなり大きくなります。安全性についてはどちらも十分安全です。最近は断熱材の性能も上がっているので、一戸建ては冬に寒いということも少なくなっています。

 

セキュリティについてはマンションは監視カメラや警備システムが付帯しているところも多いですが一戸建てでもセキュリティシステムをつけられるのでほとんど差はないと言えるでしょう。ただ、一戸建てはマンションに比べて鍵を閉める場所が多いので、外出する時に閉め忘れがないように気をつけなければなりません。戸締まりをたくさんしなければならないは面倒という方はマンションの方が向いているでしょう。
維持費はマンションでは管理費を毎月徴収するので一戸建ての方がお得と思われる方もいるのではないでしょうか。しかし、家は定期的に修繕することが望まれますので、一戸建ての場合は自分で積み立てをしておくことを忘れてはいけません。騒音問題に関しては、マンションの方が気にすることが多いでしょう。大きな足音などは上下左右に響き渡るので、最上階であっても騒音が聞こえるということはあるのです。

 

総合的に比較すると、どちらにも良さがありますが、マンションは修繕など管理組合でだいたいのことを決めてくれますし庭木の手入れをする必要もないので楽な方が良いという人に向いているでしょう。一戸建ては自由度も高いですが修繕費用を自分で積み立てたり庭の手入れや掃除は自分でする必要があります。自分好みに家周りをデザインしたい、好きな環境を作りたいといった方や小さなお子様が走り回っても気にしたくないという方にはおすすめです。

■Favorite Site
楽譜が読めなくても通えるバイオリン教室を見つけたいなら