マンションと一戸建ての良さ

マンションの良さ

マンションの良さは、立地が良いことです。
一般的には、駅の近くなど、マンションは立地の良い場所に建てられています。
立地が良いということは、生活をしていて不便に感じることはありません。
駅が近くにあると通勤や通学にも困らず、多くの商業施設があることで、お買い物にも困らないでしょう。
一戸建てよりも低価格で、街の中心部に住むことができます。
セキュリティの良さも、マンションの良さのひとつです。
オートロックや防犯カメラは当たり前のように備えられており、高級マンションだと、24時間警備員が常駐しています。
オートロックとひと言でいっても、新築のマンションなら何重にも張り巡らされていたり、指紋認証式のところもあります。
これほど厳重なセキュリティシステムは、一戸建てでは整えることはできません。
大規模集合住宅であるマンションならではの、システムといえるでしょう。
また、上階になると、外部から侵入されにくいメリットもあります。
このことも、一戸建てにはない、セキュリティ上のメリットといえます。
眺望や日当たりの良さも、上階ならではです。
中層以上のマンションなら、眺望が良いために開放感があり、部屋の中も明るくなります。
敷地も広くなっていますから、隣の建物との距離が短くて、圧迫感を感じることもありません。
圧迫感を感じないところも、開放感がある理由のひとつでしょう。

マンションは、建物のメンテナンスに気を配らなくて良いこともメリットです。
管理費を支払う必要がありますが、外壁の塗装など、メンテナンスは管理組合が決めて行います。
これが一戸建ての場合だと、外壁や屋根など状態に、気を配らなければいけません。
劣化が目立つようになれば、業者を探して工事をしてもらう必要もあります。
こうした手間をかけなくて良いのは、忙しい人にとっては、大きなメリットになるのです。
大がかりな修繕だけではなく、庭などの掃除もする必要がありませんから、日常の手間も省くことができます。